NBAについて語るブログ

NBAのあれこれを管理人である私、genが語っていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカ、圧倒的な強さで優勝!!!

アメリカが、地元トルコを跳ねのけ、4回目の優勝を飾りました!
11212b0a9475451584d4055ba1bbc834-getty-basket-wc2010-tur-men-tur-usa_convert_20100913173906.jpg

アメリカ 81 - 64 トルコ

アメリカがバスケ王国の威厳をまたも守りました!
試合は終始アメリカが10点ほどリードする圧倒的といってもいいのでは、という内容。
さらに、トルコオフェンスを64点、FG%を35.1%に抑えるディフェンス!!!

僕はもしかするとトルコが勝っちゃうのでは?なんて思ってましたが、さすがとしか言いようがないアメリカ・・・

個人得点は、アメリカはケビン・デュラントの28ポイント!!!(この人がもっともさすがですね。)
トルコは、ターコルーの16ポイントでした。

今大会は、アメリカのディフェンスとデュラントの笑顔がとっても光っていた大会だったと思います。(笑
f844a2db85f079a3467b332c14e88103-getty-basket-wc2010-tur-men-tur-usa_convert_20100913174758.jpg


続いて、3位決定戦の話です。

さすがにこちらは接戦になるのかな、と予想していましたが、こちらもリトアニアが終始15点ほどリードする展開となってしまいました。。。

リトアニア 99 -88 セルビア

まあ最大の要因は、準決勝でアメリカにわずか4ポイントに抑えられたクレイザから33ポイント獲られたことでしょうね・・・

Small_400_4_.jpg

一方、セルビアのテオドシッチは9ポイント4アシストと振るいませんでした。。。
Small_markoser-ltu08.jpg



こうして閉幕した、今大会の最終順位はこうなりました。
優勝 アメリカ
2位 トルコ
3位 リトアニア
4位 セルビア
5位 アルゼンチン
6位 スペイン
7位 ロシア
8位 スロベニア

こうして見ると、やはり2~4位のトルコ、リトアニア、セルビアが奮闘しましたよね~
この3チームは大会を大いに盛り上げてくれたと思います。
とくにトルコは地元とはいえ、決勝進出は凄かったですね。

逆に、主力選手の不参加はあるものの、前回大会優勝のスペイン、同4位のアルゼンチンは苦戦を強いられましたね~。

リトアニアは表彰式、全員が肩に国旗をかけ登場しました。
03984f7b7294285694a8d2a47b056f60-getty-basket-wc2010-tur-men-tur-usa_convert_20100913180115.jpg


大会MVPは文句なしのケビン・デュラント(アメリカ)!

さらに、オールスターチーム(ベスト5)も発表されました。
PG ミロス・テオドシッチ(セルビア)
SG ヒデヤット・ターコルー(トルコ) ※本当は「ヒドゥー」はあくまでもNBAの登録名なので、正式には「ヒデヤット」。
SF ケビン・デュラント(アメリカ)
PF リーナス・クレイザ(リトアニア)
C ルイス・スコラ(アルゼンチン)

うん、どのポジションも文句なしですね!




これで、あとは約1ヶ月半後のNBA開幕を待つのみとなりましたね!

各国代表のみなさん、感動をありがとう!!!







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。