NBAについて語るブログ

NBAのあれこれを管理人である私、genが語っていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地元トルコ、決勝進出!!!

トルコがセルビアを下し、アメリカとの決勝進出を果たしました!
089abf54d2a268c91bd5448a4b942497-getty-basket-wc2010-tur-men-srb-tur_convert_20100912152549.jpg


トルコ 83 - 82 セルビア

いやー、本当にもの凄い試合になりました!
今大会は本当に接戦が多くて、いい大会になっていますね~。

f9738df5c783d751550280df52e9789d-getty-basket-tur-wc2010-sbr_convert_20100912152614.jpg

この試合はファールトラブルが多かったですね。
トルコのイリャソワ、セルビアのクリスティッチ(この2人とターコルーはNBAでもおなじみですね。)が試合終盤に5ファールで退場、さらにセルビアはテオドシッチ、マルコビッチ、ペロビッチ、ベリコビッチが4ファールという展開。

前半~3クォーター中盤までは、セルビアのテオドシッチがよくボールをかき回し、セルビアが終始3~8点ほどリードし続けます。
一方トルコも、ターコルーを中心としながらバランスのいい攻撃で追いすがっていきます。

ただ、地元トルコで行われたこの試合、セルビアがボールを持つたびもの凄いブーイング・・・
セルビアはやりずらかったでしょうね~。
それでも、いつものセルビアらしい戦い方だったように見えました。

トルコは3クォーター終盤、イリャソワの2本の3ポイントで63-60の3点差として4クォーターに突入します。

セルビアは4クォーター、テオドシッチを中心にコントロールするも、無理な3ポイントが増え始めます。
なんたってトルコのディフェンスがハンパじゃないんです・・・;

そんなこんなで残り3分25秒、トルコのトゥンジェリの3ポイントで75-76とついに逆転!!!
会場はもちろん大盛り上がりです!

ここからは両チームともシュート(ほとんど3ポイントでした)が入らず、得点はフリースローによるものが多くなっていきます。
そんな中で残り58秒にイリャソワ、残り16秒にクリスティッチが5ファールとなり、両チーム大事な選手が退場に。

特に残り16秒でのクリスティッチのファールはトルコのエルデンのカウントワンスローのダンクに!!!
ん~、僕にはクリスティッチは指一本触れていないように見えましたがね・・・(笑

なにはともあれ、これで80-81でトルコリード!
エルデンはワンスローは落とします。

このリバウンドをテオドシッチが奪い、ゴールしたまでドライブ!
そこからラシッチ、ベリコビッチとつながり、ゴール下のシュートでこんどはセルビアが逆転!!!

この時点で残り4.3秒、タイムアウト明け、トルコの選手はコート中央に集まるフォーメーション。
まずボールはターコルーへ、そこからトゥンジェリが抜け出し、そのままレイアップへ!!!
82-83!!!残りはわずか0.5秒!
r2933465178.jpg

セルビアのタイムアウトは認められますが、ペロビッチのアリウープは成功せず、トルコがアメリカとの決勝へ進出となりました!


本当にシビれる試合でした!
本当にいいものを見せてもらった気分です(笑

ハイライト載せときますね。


スタッツはほとんど同じような感じでした。
トルコはオナン、エルデン、イリャソワ、ターコルーが2ケタ得点、セルビアはテオドシッチ、サバノビッチ、ケセリー、そして先発に復帰したクリスティッチが2ケタ得点でした。

セルビアはケセリーの3ポイントが4/7と要所で光っていました。
あとはなんといっても前述したファールの数ですね・・・
最終的にはトルコが24個、セルビアは28個でした。



いやー、しかし今大会のセルビアの戦いぶりを見ていると、応援したくなってしまいました。
特にテオドシッチとか凄すぎませんか?(笑


そんなこんなで、今夜行われるリトアニアとの3位決定戦を楽しみにすることにします。

決勝は日本時間13日の月曜日午前3時30分からですね!
現時点ではなんともいえませんね~。
理論的にはアメリカに1点差のスペインを3点差で下したセルビアを下したトルコなので、トルコということになりますが(笑

いずれ、決勝、3位決定戦とも大激戦となることは間違いなさそうですね!

それでは!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。